広告EDIセンター

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 会社案内
    • 企業理念
    • 社長挨拶
    • 会社概要
    • 沿革
    • 関連団体サイト
  • お知らせ
    • お知らせ
  • サービス案内
    • サービス案内トップ
    • テレビ広告EDI
    • 新聞広告EDI
    • ラジオ広告EDI
    • ユーザーサポートトップ
  • RadiPos
  • CmDeCo

サービス案内

スポット標準フォーマットテレビ広告EDI(BS含)

広告EDIセンターを利用して「テレビスポット広告」の取引を実施する場合には「テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ 」を利用する必要があります。

「テレビスポット広告取引EDI標準メッセージ 」には“アナログ版”と“デジタル放送対応版”の2種類が存在致します。

アナログ版
テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ集 第3.0版

デジタル放送対応版
テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ(デジタル放送対応版)第1.1版

現在、広告EDIセンターでは「テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ集 第3.0版」および「テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ(デジタル放送対応版)第1.1版」 を採用しております。「標準メッセージ 」の入手については『一般社団法人 日本広告業協会』のHPをご参照ください。

取扱上の注意

U/Cサーバーを利用している会社と全銀を利用している会社間で「テレビスポット広告取引EDI 標準メッセージ集 第3.0版」を利用する場合に注意事項があります。 標準メッセージ内の「項目名:期間詳細指定」の定義が異っております。(下記参照)

スポット標準フォーマットの構成図

期間詳細指定を利用しないでやりとりする場合に支障はございません。利用する場合のみ上記を意識する必要があります。