広告EDIセンター

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 会社案内
    • 企業理念
    • 社長挨拶
    • 会社概要
    • 沿革
    • 関連団体サイト
  • お知らせ
    • お知らせ
  • サービス案内
    • サービス案内トップ
    • テレビ広告EDI
    • 新聞広告EDI
    • ラジオ広告EDI
    • ユーザーサポートトップ
  • RadiPos

サービス案内

ラジオ広告取引でのEDIシステムラジオ広告EDI

 ラジオCMの取引EDIの実運用開始に向けて、日本広告業協会と協力し簡易的にご利用いただけるWeb-EDIシステムの実現について検討を重ねてまいりました。このたび実運用にむけてサービスを開始いたしました。広告会社およびラジオ放送局向けの、インターネットに接続したパソコンのブラウザを利用した接続方式です。気軽にEDIを始めることができます。
 Microsoft Excel(以下、エクセルと略す)を用いた簡易な業務管理ツール、また業務システムとの接続を可能にするWebサービスI/Fを提供します。ご不明な点があればサポートデスク(ラジオ事務局)までお問い合わせください。

ラジオ広告取引でのEDIシステムの構成図

画面イメージ(拡大表示)

新規導入の流れ

ラジオ広告EDIを新規に導入する広告会社およびラジオ放送局様は、新規導入の流れのページをご覧ください。

新規導入の流れ

広告事業者コードと取得方法

ラジオ広告EDIを新規に導入する際、広告会社およびラジオ放送局様は、EDIシステム内で企業様を特定するためのコードを取得いただく必要があります。新規導入フローに従い、共通コード管理センターから広告事業者コード取得のお手続きをしてください。
※テレビ・新聞の広告取引に利用している標準企業コードとは異なりますのでご注意ください。

広告事業者コード

登録シート

広告会社およびラジオ放送局様は、新規導入フローに従い、登録シートのページから必要な書類をダウンロードしてください。

登録シート

ご利用方法

ご担当様の変更や、取引先の追加・変更の際は、ご利用方法のページをご覧ください。

ご利用方法

標準フォーマット

業務システムとの接続が可能なWebサービスI/Fをご利用の場合にお使いいただける標準フォーマットです。
日本広告業協会にて標準フォーマット「ラジオスポットCMスケジュール表」(Excel)の仕様が制定され、ラジオ広告EDIで使用するXMLフォーマットは現状では暫定バージョンとなります。XMLフォーマットの仕様は、標準フォーマットページにて公開しています。

標準フォーマット

ページトップへ

Copyright (C) 2010 Advertisement EDI Center Inc. All rights Reserved.